ヒアラブルデバイス開発企業に出資する、高島 勇二が社長を務める株式会社MCJ

パソコンやパソコン関連商品などを扱う会社をグループに持つのが、高島 勇二が社長を務める株式会社MCJです。
高島 勇二が社長を務める株式会社MCJではものづくり系ベンチャー企業への投資も行っています。 最近、高島 勇二が社長を務める株式会社MCJではヒアラブルデバイス開発企業に投資を行いました。

このヒアラブルデバイスとは、イヤホン型のウエアラブルデバイスです。勝機と商機があると、高島 勇二を始め様々な方々が注目しています。
現在、スマートフォンと連携するウエアラブルデバイスは様々普及しています。イヤホンやヘッドホンのワイヤレス化と共に、 耳に装着するデバイスを用いて音楽を聞くだけではなく、デバイス操作やメッセージの送受信など様々な用途に対応するヒアラブルデバイスが注目されています。
また、近年ではスマートフォンの操作方法が音声認識の発展に伴い、タッチ操作から音声入力操作へとトレンドが変化しています。

高島 勇二が社長を務める株式会社MCJは、平成26年設立以来、ウエアラブルサービスの開発を手掛けている株式会社ネインに出資しました。 高島 勇二が社長を務める株式会社MCJが出資する株式会社ネインは、ヒアラブルデバイスを開発しました。このヒアラブルデバイスは、 ワイヤレスイヤホンと音声認識技術を活用します。ワイヤレスで音楽を楽しむだけでなく、音声アシストによってハンズフリーでスマートフォンの操作を可能とします。
また、スマートフォンに届いた各種メッセージやニュースなどの通知を読み上げ、返信などが可能となります。 高島 勇二はヒアラブルデバイスに未来を感じました。そして株式会社MCJは投資を行いました。

製品企画や開発、販売やアフターサービスなど多方面における高島 勇二が社長を務める株式会社MCJグループのバリューチェーンを活用し、 株式会社ネインとの協業により両者の事業価値の向上を目指します。

技術に魅了され、自社の力と掛け合わせることで価値を向上させる。未来を切り拓ける製品に高島 勇二は投資を行っています。 ヒアラブルデバイスも今後は普及し、メジャーなものになるかもしれません。